法人携帯に乗り換えるときに知っておきたいポイント

法人携帯に乗り換えるときに知っておきたいポイント

個人携帯を使ってきた会社では法人携帯に乗り換えた方が良いのではないかと悩むときがあるでしょう。法人携帯に乗り換えるのにはどのようなメリットがあるのでしょうか。乗り換える上で確認しておくべきポイントも多いので、まずはこの場で理解しておきましょう。

コストパフォーマンスが高い方法で乗り換えることが企業としては重要になります。乗り換え後の契約内容についても気をつけて、現場での運用に最適なものを選び出すのが大切です。

目次

1.個人携帯と比べるとわかる法人携帯のメリットとは

個人携帯と比べるとわかる法人携帯のメリットとは
個人携帯で運用していた現場で法人携帯に乗り換えるのを検討するケースが増えてきています。これはメリットして企業にとって重要なポイントがいくつもあるからです。

まず、通信コストの削減が実現できるというメリットがあります。法人携帯にすることによってキャリアごとに安く使えるプランを提供しているからです。docomoではカケホーダイ&パケあえるというプランが法人向けに用意されていて、国内通話は24時間定額になります。

auではau法人携帯プランがあり、社内通話については24時間無料です。Softbankではホワイト法人プランがあって、社内通話が24時間無料になります。また、各社が行っているポイントサービスを一つに集約できるため、貯まったポイントを使って携帯関連の備品を購入することも可能であり、細々としてコスト削減ができるでしょう。

業務効率が向上するのも法人携帯を導入するメリットです。法人携帯は三大キャリアのどれと契約したとしても社員同士の通話であれば24時間無料になります。そのため、誰もが手元に持っていれば直通の内線のようにして使えるのが特徴です。

席を外しているから通じないというようなことはなく、手が空いていて通話に出られる状況ならすぐに連絡が取れます。外出先であっても、夜間であっても必要があれば連絡が取れるため、業務を円滑に進められるようになるのです

また、社員の意識としては個人に費用がかからないので携帯を積極的に業務に活用できるようになります。添付ファイルのサイズもあまり気にせずに送受信できるので、重要なデータのやり取りを迅速化させられるでしょう。

個人情報漏えい防止になるのも法人携帯に乗り換えるメリットであり、近年の企業コンプライアンスの問題を考えると切実なものです。個人情報が個人携帯に入っていると、うっかり落としてしまっただけで情報漏洩が起こる可能性があります。しかし、法人携帯では各社がそのような事態に備えるためのサービスを行っているので安心です。

オプションサービスとしてdocomoではおまかせロックや携帯お探し、auでは安心ロックサービスと携帯探せて安心サービス、Softbankでは安心遠隔ロックと紛失携帯捜索サービスがあります。遠隔操作でのロックや、GPS機能による探索ができるので携帯の紛失による個人情報漏えいリスクを低減させられるのです。

2.失敗しないために押さえておきたいポイント

失敗しないために押さえておきたいポイント
法人携帯への乗り換えを本格的に考えようというときには失敗しないためのポイントを押さえておくことが大切です。コストパフォーマンスが高い契約を選ぶのがまず重要なので、利用状況を確認しておきましょう。

社員が携帯で通話するときに社員同士ばかりの場合にはauやSoftbankが良いですが、取引先との通話が多いときにはdocomoの方がコストパフォーマンスが高い可能性があります。また、通話以外のサービスをどれだけ利用しているのかにも応じて決める必要があるため、社員全員の利用状況を確認するとともに、法人携帯に乗り換えたときにどのようにして使いたいかのアンケートも取ってみると良いでしょう。

また、各社が独自に提供しているオプションサービスに魅力的なものがあるかを確認するのも大切です。例えばauには国際通話を定額とするサービスがあるため、海外での通話をする社員が多い会社では有力候補になります。

これに加えてポイントが貯まったときにどのように使用するかも考えておきましょう。キャリアによってポイントの使い道には違いがあるので、貯まったポイントを無駄にしないようにするにはどのキャリアが最適かを考えるのも最終的にはコスト削減につながる重要な点です。

3.法人携帯に乗り換えるポイントのまとめ

法人携帯への乗り換えをするとコスト削減ができるだけでなく、業務効率も向上させられるメリットがあります。個人情報漏えいリスクも低減させられるため、コストパフォーマンスが高い方法で乗り換えるのが重要です

利用状況に基づいて適切なプランを選び、オプションサービスやポイントサービスの内容も加味して選ぶようにしましょう。一度乗り換えてしまうと再度別のキャリアに乗り換えるのは大変なのでよく比較して選ぶことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です